So-net無料ブログ作成
検索選択

在職中の人が転職活動(応募)する上で一番注意すべきことは?

ボーナスシーズンですので、多分転職活動がさかんだと思います。

求人媒体のCMや電車内での中づり広告も目立ちますネ。



多分このブログを見ている方も、在職中だけど転職しようかと思っている方いると思います。

在職中の方が仕事を探す上で一番気になるのが


「面接のタイミング」でしょう。



はたして「自分の休み」に合わせて面接をしてもらえるのか?

気になっている方が多いでしょうし、ぶっちゃけますと「気にすべき」です(笑)


結論から言えば、多くの会社は合わせてくれると思いますが、
それを当たり前と思っている方はアウトです。


在職中に転職活動する場合、自分の休みに面接にいけるのが理想です。
土日休みならやはり土日に面接に行っちゃいたいですよね!


しかし、当然土日は多くの会社が休みです。
サービス業の場合でも、本社は土日休みは珍しくありません。

ということは、相手にも休みを使わせるということになります。

なのに、郵送の履歴書やweb応募の際、何にも書かれておらず、
電話やメールして初めて

「すみません、在職中なのでその日は無理です。日曜にしてもらえないでしょうか?」

という回答が平気で来る事があります...



・人に気を遣えない人

・スケジューリング能力のない人


というレッテルも貼られてしまい、期待値が下がってしまう可能性があります。


理想は面接前に「このヒトに会うのが楽しみ」という気持ちを持たせることです。



履歴書の備考欄やweb応募の際に

「現在仕事中のため、もし可能でしたら 土曜か日曜にして頂けたら幸いです」


といった一文が添えられているかどうかは印象が異なります。

面接可能日を幾つか書いておくだけで、担当者はスケジュールを組みやすいので
それだけで大分助かります。


担当者の方が直接面接をしない場合、スケジューリングが一番大変ですからね...

面接をする方が、上の役職の方であればあるほど、日程調整は大変です。



自分の都合だけでなく、相手の事を考えるという姿勢が見えるだけで評価は上がったりします。

ちなみに、もちろん中には会社の指定日時に来て下さいというところもあります。

自分が本当にそこに行きたければ、何とかしますよね?


自分は「痛み」を負わずに、相手に負ってもらうというのは、ムシがよいという認識でいるくらいが
転職は成功するでしょう。



あ、それから自分の希望日程で面接してもらった場合、会った時に直接お礼を言うとさらに好印象かと。

言った事のない方は是非言ってみて下さい。

面接の主導権を握ることにもつながりますからね。




◆求人は  ここから 探すのが便利です  →  コチラ


◆お金を稼ぎながらの転職活動をしてみませんか?  →  コチラ


◆退職をする前にしておくべきことは    コレ


タグ:在職中
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:求人・転職

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 転職と面接~それは自分との戦いである~ All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます