So-net無料ブログ作成

面接の時間は合わせてくれるのが当たり前ではありません~仕事が決まらないという方はこういうところを見落とさないように


タレントの栗原類さんが出ている某求人媒体のCMで

「お店からの連絡を受取れなかったらどうしよう?」

と言っていますが、はたしてそう思っている方はどれだけいるのでしょうか??


感覚的に「会社(お店)側が、応募者に合わせるのが当たり前」と思っている人の方が多いように思えます。



連絡可能時間とかも 「12時30分~13時」とかなり狭い方もいます。
多分在職中の方で昼休み中ならというところなんでしょうが、こちらの都合は全く考えず
たった30分の間に電話しろということでしょうか?

「〇日の△時からなら大丈夫です」ということで、スケジュールを調整してその時間でokしたら
当日になって「ダメになりました。他の日はないんですか?」と非常に軽々しいご連絡をもらったこともあります...


こちらがそちらの都合に合わせたのに、そんな軽いんですか?
転職・就職という自分の人生を左右する出来事なのに、それを上回る優先事項が簡単に入るものなのでしょうか?


もちろん入る場合もありますので、全てを否定するわけではありませんが
あまりにも悪びれていないというか、堂々としているというか...



仕事がなかなか決まらない・内定がとれないという方、
そんな態度をとっていないでしょうか?

社会人に一番求められるもの、いや最大の常識たるは「時間厳守」です。

約束の時間、書類の提出期限etc...


社会人は常に時間に追われ、守られなければいろいろな方に迷惑がかかるのです。

学校で遅刻をすれば、自分ひとりが怒られるだけで他の方には迷惑がかかりません。

しかし、社会人は違います。

遅刻や書類の提出が遅れればいろいろな方に迷惑がかかります。


もし、あなたが社長だとしたなら、大事な契約がかかった商談に「遅刻常習犯」に任せられるでしょうか?



時間を守れる人物か。それは既に面接の時から見られているのです。


面接の日程を自分の都合に合わせてくれるのを当り前と思ってはいけません。
合わせてくれることを感謝しましょう。





◆求人は  ここから 探すのが便利です  →  コチラ


◆お金を稼ぎながらの転職活動をしてみませんか?  →  コチラ


◆退職をする前にしておくべきことは    コレ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:求人・転職

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 転職と面接~それは自分との戦いである~ All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます