So-net無料ブログ作成
検索選択

志望動機はどこまで重視されるのか??

こんばんは。

なかなか寝付けないので久しぶりにブログを更新してみます。


◆面接のネックの一つに「志望動機」がありますね。

このブログで何度か書いていますが、やっぱり後付けになるケースが多く
面接でどうこたえるべきか悩む人も多いでしょう。


参考になるかどうか分かりませんが、私のエピソードを一つ紹介します。


それは前の会社を辞めて、今の会社に入る前に転職活動をしていた時のこと。


人事経験者ということもあり、他者の面接官がどんな面接をするのか興味津々だったことがあります。


で、大して行きたくない会社ですがちょろっと面接にし言った事もしばしば(笑)


そんな中で一つどうしても試してみたい事ができたので、やってみました。


ネットで見つけた某社の求人募集の広告に



「気軽な気持ちで(面接に)来て下さいね」


と書いてありました。



迷っている人の背中を押すある種の殺し文句ですw

多分この台詞を見たことある方も多数いるでしょう。


ふ~ん、じゃあ応募してみよっとって感じの方も沢山いるでしょう。


で、私もその一人。

その会社はサービス業で私も知っている会社でした。
(ただ、業種は違えどレベルで行ったら、私がいた会社の方が若干上だったのかな~とは思います)

仕事そのものにも一応興味はあったので、大した策略も立てないまま応募してみました。


数日後、面接にお呼ばれしました。

面接にて当然のごとく、志望動機を訊かれます。



私はなんて答えたかと言うと、














「気軽に応募して下さいと書いてあったので、応募しました」




と正直に答えましたw(あ、もちろんそれ以外にも言いましたけどネ)







結果はアウトです。


なるほど、そうは言っても「建前」ってヤツを必要としているんだろうし
ある意味上げ足とりみたいな人には来て欲しくないんだろうなァとも思いました。


確かに私が面接官でもちょっと考える理由ではありますけどね(笑)




多分こうして考えてみると、志望動機って意外と重視する会社が多いのはうなづけます。

世間的な立ち位置や実際の社内レベルは差し置いても、
自分の会社には、共感できる考えの持ち主に来て欲しいですからね。



◆というわけで、志望動機は相手がしっくりくるものしておくにこしたことはありません。
志望動機が適当でも採用されるには、能力が突き抜けていないと苦しいです。


矛盾や理不尽があっても、そこを突破しなければ採用には至りません。

ありのままの自分を受け入れてくれる会社がいいんだとはいっても、
そんな会社がないから、恐らくこのブログを見ている方も多いのではないでしょうか??


理想と現実をみて、何を妥協するのか、どうすれば理想に近づけるのかを考えてみましょう。
なかなか採用がもらえない方にはきっと必要な考え方のはずです。



タグ:志望動機
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:求人・転職

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 転職と面接~それは自分との戦いである~ All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます