So-net無料ブログ作成

面接のメカニズムを考えるpart2~面接官は採用しようとしないのが前提!?

さてさて、前回の続編です。   →  前回の記事




面接のメカニズムについてですが、一番考えなければならないのは
面接官の心理を知る事が大事です。



さて、全ての面接官はそうではありませんが、実は







「採用をしないことを前提で面接しています」




あ、こういうとちょっと語弊がありますね(笑)


企業・お店からみて、面接の目的は何かというと、

良いヒトを採用することです。



逆に言うと、


良いヒトがいなければ採用しない


とも受け取れます。



で、実際良いヒトがいないからといって採用しないケースは多々あります。

人が欲しいから募集しているのであれば、本来さっさと採るべきです。
求人広告費などもろもろのコストや既存スタッフの負担などが大きく違ってきます。

じゃあ、なんで採用しないのかっていうと



変なヒトを採用すると上司に怒られる



というのが一つ。



そして


落とす事により、自分の価値を高める
(私のお眼鏡にかなう人はなかなかいないんだよ・自分の会社・お店はレベルを高い)


という心理が根底にあったりします。


もちろん、この心理は人事としては本来失格です。

しかし、きちんと教育されていない・勉強していない人事や店長クラス、中小企業の社長クラスだと
どうしてもこの考え方になりがちです。


だって、面接をされる側からする側になったわけですから、その快感を味わいたいんだもん。


って感じです(笑)



一人募集のところに、10人も20人も応募があれば
当然ふるいにかける必要はありますが、そんな大した人数も来る訳ないのに
選びたがるんですからね...



実は私もそういう時期がありましたので、後に人事になって勉強してから考え方を変えました。



分かったところで、採用には直結しないだろ?と言われればそれまでなんですが
参考になれば幸いです。







◆面接のとっかかりが難しい方は


「はたらいく」を使ってみて下さい。

仕事に対する考え方や自分が大事にしていることなどを書く欄があるので
いろいろ自分を考えるきっかけになります。

さらにそれを気に入ってくれる企業はあれば言う事なし。

「らいく」をもらったら、スムーズに面接まで進める確率が上がります!!


・はたらいく



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:求人・転職

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 転職と面接~それは自分との戦いである~ All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます