So-net無料ブログ作成
検索選択

志望動機の書き方~志望動機を書かずして企業にアピールできる?「はたらいく」

さて、転職・就職活動をするうえで困ることの一つに「志望動機」があります。

正直な話「なんとなくいいなァ」と思ったから、応募してみようと思う事がほとんどなんですが
それでも履歴書には志望動機を書かなくてはいけないですからね~

私が人事の時はそんな背景を分かっているので、志望動機は重視しませんでしたけど、
やっぱり志望動機にこだわる会社は少なくないです。

なので、書かない訳にはいかないのですがどう書いて良いかよく分からない人って多いと思います。

よくありがちな書いてはいけない志望動機の例を2つ挙げてみます。


・コピペ的文章である

要は、どこの会社でも使いまわせるような文章だということです。
同じ業界を受ける時に使いがちですが、本当にその会社のために書いているかどうかを
も見直してみましょう。


・入りたいアピールが強烈

これ前もブログで書きましたが、入りたいという気持ちだけで会社が雇ってくれるかどうかなんです。
会社が欲しいのは、会社が好きな人よりも会社に貢献してくれる人です。
なので、自分を雇うメリットを会社側に具体的に説明できると強いですね☆



あと、志望動機ってどうしてもその会社のいいところや他社の違う所を探しがちです。
それはそれでしょうがいないのですが、あんまり幾つも幾つも挙げるよりはピンポイントで勝負する方が
いいかもしれません。


それから、一番はこの志望動機に一番時間を割かないことですね。
志望動機だけで採用か不採用かが決まる事はあんまりありません。

やはり決め手は、本人の持っている能力や(その会社への)適応能力、貢献してくれるかどうか
になりますので、必要以上にナーバスになって欲しくはないですね...

仮に落ちてしまった後に、志望動機をひたすら練り直すよりも
自己アピールや職務経歴書の見せ方を練り直した方が有意義ですよ!



◆さて、というわけで志望動機が書くのが面倒くさい方にお勧めな求人媒体が
「はたらいく」。




バナナマンのCMを見た事がある方も多いと思いますが、「らいくサービス」というのがあり、
要は必要個所を書いておいて、気になった求人の「らいくボタン」を押すと、相手の会社もそれを見てくれて
「このヒトいいなァ」と思えばそれを押してくれるという仕組みの模様です。

あくまで「応募」ではないので、検討したうえでここでらいくボタンを押してくれた会社のみ
応募していけば、門前払いは減りますし、採用確率もあがっていくかと思います。


はたらいく画面1.jpg

実際に何を書くかというと、


「自分の仕事観」的なことを書く訳です。
幾つか選択肢があって、

「仕事をするうえで大切だと思っている事」
「人と接するうえで気をつけている事」
「上司や同僚から評価された仕事ぶり」

など、自分が書きやすいまたは自信があるのを選択して書く事が出来ます。
別に正社員の経験がなくても、アルバイトを通じて得た経験でもいいと思いますので、
ずっとフリーターだった人でも気にしなくていいと思います。



もうひとつありまして、今度は自己紹介的な部分ですね。

はたらいく画面2.jpg


「自分で思う自分らしさ」
「趣味・活動を通して自慢できること」
「自分のマイブーム」

など、仕事外の部分を書いていく訳です。


面白そうですよね~


あんまりこういうサイトを利用した事がないヒトや
自己アピールがうまくできない方はこういうテーマがあると凄く書きやすいと思いますので、
試しに登録してみることをお勧めします♪

らいくボタンは回数制限がさすがにあるみたいですが、是非うまく活用してみて下さい!!


◆はたらいく


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:求人・転職

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
Copyright © 転職と面接~それは自分との戦いである~ All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます